カテゴリ:C-II-西工-( 10 )

西鉄バス筑豊

西鉄バス筑豊のC-IIです。(402)

西鉄バス筑豊_筑豊22か・484_U-MS826P
e0192662_23312583.jpg

[PR]
by otokan1974 | 2014-03-10 23:30 | C-II-西工- | Trackback | Comments(0)

西鉄バス宗像

西鉄バス宗像の西工C-IIです。(2962)
こちらはスーパークルーザーシャーシです。

西鉄バス宗像_福岡22か5382_U-LV771R
e0192662_2344921.jpg

[PR]
by otokan1974 | 2013-02-13 23:02 | C-II-西工- | Trackback | Comments(0)

西鉄観光

西鉄観光の西工C-IIです。(5054)

西鉄観光_福岡22か5513_U-MS826P
e0192662_2257507.jpg

[PR]
by otokan1974 | 2013-02-13 22:56 | C-II-西工- | Trackback | Comments(0)

西鉄観光バス

西鉄観光バスの西工C-IIです。(8686)

西鉄観光バス_福岡200か・312_U-RU2FTAB
e0192662_23193497.jpg

[PR]
by otokan1974 | 2012-07-11 23:19 | C-II-西工- | Trackback | Comments(0)

西鉄観光バス

西鉄観光バスのC-IIです。(3069)
西鉄北九州観光からの車両で現在は鳩カラーになっています。

西鉄観光バス_北九州22か2872_U-MS826P
e0192662_23175226.jpg

[PR]
by otokan1974 | 2012-06-01 23:18 | C-II-西工- | Trackback | Comments(0)

堀川観光バス

堀川観光バスのC-2です。なぜかヒップアップデッカーに折扉2枚スイング扉という仕様でした。(1909)
※折扉→2枚スイング扉に修正いたします。(2010.11.02加筆)

堀川観光バス_久留米200か・513_U-RU2FTAB
e0192662_22123034.jpg

[PR]
by otokan1974 | 2010-10-15 22:12 | C-II-西工- | Trackback | Comments(2)

シモデンツアーサービス

STSからはC-II型です。(EAGLE885)

シモデンツアーサービス_岡山22か2871_P-RA53TE
e0192662_23161019.jpg

[PR]
by otokan1974 | 2010-09-26 23:15 | C-II-西工- | Trackback | Comments(0)

西鉄観光

西鉄観光のセレガC-IIです。九州観光車両ですね。

西鉄観光_福岡22か5136_U-RU2FTAB
e0192662_23464390.jpg

[PR]
by otokan1974 | 2010-03-17 23:46 | C-II-西工- | Trackback | Comments(0)

西鉄バス筑豊

西鉄バス筑豊のC-IIです。年式を感じさせない綺麗さです。

西鉄バス筑豊_筑豊22か・480_U-MS826P
e0192662_1042264.jpg

[PR]
by otokan1974 | 2010-01-01 10:01 | C-II-西工- | Trackback | Comments(0)

亀の井バス

2009年夏の甲子園応援バスからです。
大分県代表の応援にヒップアップデッカーこと西日本車体工業のC-2型が登場しました。ナンバー枠が少し下のほうにあるので後期型ですね。
車両作成当時の西日本車体工業はボデーメーカーの1社として特徴のあるボデーを提供していました。現在でこそ日産ディーゼル工業の純正メーカーとして定番品をたくさん作り続けていますが、当時は今以上に車両ごとに個性があり華やかなものでした。

亀の井バス_大分22か2104_KC-RU3FSCB_KC-LV781R
e0192662_9143766.jpg

ルーバーの形が違うので型式は?です。ただこのころの亀の井の導入車両は日野が定番だったので日野で紹介されているサイトがほとんどです。ルーバーの切り欠けが日野にはあるのですが・・・。少し調べてわかるようであれば再掲させていただきます。 

追記:ルーバーには切り欠けありとなしがあり部品番号違いのようです。C-2には切り欠けありの選択が多かったようですが、九州観光などを見ると切り欠けなしが主流でした。E型S型になると切り欠けなしが一般的なようです。結論的には、反対側で全てがわかるってところですね♪
[PR]
by otokan1974 | 2009-08-17 09:15 | C-II-西工- | Comments(0)